カテゴリ:第3回「平成 Vs 昭和対決」( 34 )

エントリーNo:昭和11 ジュン・マツナガさん 「RX-78-1 プロトタイプ・ガンダム開発中」

b0303235_11164193.jpg

b0303235_11164370.jpg

b0303235_1117386.jpg

b0303235_1117662.jpg

b0303235_1117952.jpg



製作者よりコメント


【製作者】ジュン・マツナガ

【タイトル】 RX-78-1 プロトタイプ・ガンダム開発中

【使用キット】1/48 メガサイズ ガンダム

【改造パーツ】
 主にプロトタイプガンダムの特徴箇所を改修しました。
 ・前腕:元キットを切削してプラ板で造形
 ・腰の背面:元キットを切削してプラ板で造形
 ・右腰横のホルスター:スクラッチ
 ・足首ガードのスリットバーニア:前に3つ、両サイドに2つの穴掘り

【改造箇所やアピールポイント】

塗装の塗り分けには苦労しました。
元々ディテールは良いキットなのでその感じを損なわないように塗り分けパターンを細かく分けてみました。
ちなみに塗り分けのパターンはRGとはちょいと変えています。
あとはプロトタイプ化の工作では前腕の工作がかなり手こずりました。もう内部のポリキャップが邪魔で...。
足首ガードのスリットバーニアの内部はエバグリのスリットタイプのプラ板使いました。


【使用塗料】
黒系の箇所: フィニッシャーズ /セミグロスブラック
銀 系の箇所(バルカン以外):
  フィニッシャーズ/セミグロスブラック下地 → フィニッシャーズ/フォーミュラークローム
銀系の箇所(バルカン):メッキシルバー
赤系の箇所: フィニッシャーズ/シルクレッド
黄色の箇所: フィニッシャーズ/ミディアムイエロー
トップコート: Mr.Color/スーパークリアⅢ


【製作者より一言】
メガサイズのキットを初めて作りましたがとにかく合わせ目、表面処理が大変でした。
ですが、出来上がったあとの見応え感は作ってよかったぁ〜と感無量です。
今回のコンペでは恐らく最大サイズなので格闘戦なら負けません(笑

今回はコンセプトとして「車のような仕上がり感なプロトタイプガンダム」とイメージしてフィニッシャーズの塗料を中心に塗装しまして、とにかくフォーミュラークロームの光具合には惚れました^^
最後の写真は、メガサイズだけにやっぱりサイズ感のアピールでHG陸ガンをおまけにw

P.S.
ビームライフルは間に合いませんでしたが、また時間あるきに作りたいなと思いますw
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:31 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和12 M'sさん 作品 「ラストシューティング」

b0303235_10185941.jpg


b0303235_1019215.jpg

b0303235_10185793.jpg

b0303235_10185456.jpg

b0303235_10185882.jpg



製作者よりコメント

製作者:  M's

タイトル:  ラストシューティング

使用キット: MGガンダム ver2.0

改造パーツ: 無し

改造箇所やアピールポイント: 左半分ジオングのビームに
やられて焼けただれた感じにしてみました。


使用塗料:クレオスのみ。

製作者より一言:  自分のイメージと違う感じになっちゃいました。
なんか汚くてスミマセン(泣
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:30 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和13 ぺぺこんぐさん 作品 「昭和だけど平成風ピクシー」

b0303235_10294410.jpg

b0303235_1030268.jpg

b0303235_10302881.jpg

b0303235_10303085.jpg

b0303235_10302418.jpg




製作者よりコメント

製作者:ぺぺこんぐ

タイトル:昭和だけど平成風ピクシー

使用キット:
HGオーガンダム
HGダブルオーガンダム
RGガンダムエクシア
RGジャスティス?デスティニー?(ダガーのビーム部分です)
HGUC陸戦型ガンダム
HGUC寒冷地仕様ジム
HGUCパワードジム
HGUCフルアーマーガンダム7号機
(ダブルオー系キット以外全部模型ホビーショーのジャンク市で入手)

改造パーツ:タミヤプラ板セット、エポパテ、WAVE Uバーニア、モールドプレート、ビルダーズパーツHD 1/144 MSハンド03 、ガンダムデカールDX、サテライトデカール(白、黒)

改造箇所やアピールポイント:
ベースキットをHGUCのガンダム系やジム系ではなく、ガンダム00のオーガンダムにすることで、スタイリッシュかつ、アクションのすごい作品になると
考えて制作しました。
新規に制作した胸部が出っ張らせすぎたと最初は後悔しましたがトータルで見ると逆に力強くなったのではないでしょうか。
腕はまあジムそのまんまです。
ダガーはRGエクシアのものを使用し、取り付けの基部(取り付けピン)をプラ板で囲いつつ、オーガンダムのサイドアーマーに貼り付けてます。
ちょうどホビーショーで見つけたRG系のビームパーツがダガーにちょうどよく、しかもRG同士だったので無改造で取り付けできたのが幸いです。
あと技術不足で再現できないところはオリジナルで行きましたw
色は、腿や二の腕の黒っぽいグレーがあんまり好みではなかったので白よりちょっと濃いぐらいにしました。

使用塗料:
白:フィニッシャーズピュアホワイト+フィニッシャーズピュアブラック
グレー:上記+ピュアブラック
青:フィニッシャーズファインコバルト+ガイアカラー純色シアン
赤:フィニッシャーズディープレッド+フィニッシャーズピュアホワイト
黄:Mrカラーイエロー+上記赤
間接:ナスカメカサフLIGHT
バーニア類:フィニッシャーズライトガンメタ

製作者より一言:
皆様初めましての方ははじめまして^^
今回人生でほぼ初めて全身にわたってミキシング&セミスクラッチ?してみました。
皆さんのすごい作品と比べるとぼろぼろな出来ですが、なんとか形にすることが出来ました。
挫折しなかったのはやはり、ちょこちょこコメントくださった皆さんのおかげでしょうか。
不器用さを克服して次があればもっとかっこいい作品を作りたいです^^;
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:29 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:平成10 黄昏オジさん 作品 「< Improvement > BUSTER GUNDAM GAT-X103-XX 」

b0303235_10403889.jpg

b0303235_10404692.jpg

b0303235_10405071.jpg

b0303235_10405698.jpg

b0303235_10405742.jpg




製作者よりコメント

製作者:黄昏オジさん

タイトル: < Improvement > BUSTER GUNDAM GAT-X103-XX

使用キット:BUSTER GUNDAM GAT-X103

改造パーツ:

STRIKE GUNDAM I.W.S.P スラスターシステム(推進装置)/ 手

LAUNCHER STRIKE GUNDAM(バックパック)

KOTOBUKIYA ダクトノズル 丸ノズル リベット

HIQ PARTS VCドーム ステンシール

KOKUYO ピン針

EVERGREEN / TAMIYA / WAVE 0.5mmプラ板


改造箇所&アピールポイント:
< Improvement > 戦後の発展型(改良中)と云うテーマーの基、
接近戦での戦闘力を考慮、ストライクのスラスターシステム移植したテスト機体の設定。
そのため、格闘戦をイメージしたスタイリッシュでマッチョなバスターを目指しています。

以下改修箇所

<ボディー延長> 2.0mm

<インナーフレーム> ストライクスラスターの移植 ヒートシンク追加

<フロントアーマー> 胸部に排気系ダクトを新設

<脚部巾増し> 左右0.5mmプラ板 / 脇追加フレーム約1.5mm

<脚部ダクト> 膝下にダクトを新設

<肩アーマー> 左右共 > 0.5mmガードを追加

<脚部延長> 膝下> 足首ジョイント > 1.0mm / 腿 > 3.0mm

<腰アーマー> 前 > 1.0mm/ 後 > 1.0mm ティンコ > 3.0mm ヒップ > 2.5mm

<腰センサー> ディテールアップパーツVCドームに変更

<肩アーマー> 左右共 > 0.5mmガードを追加

<ハンド> STRIKE GUNDAM I.W.S. へ変更

<リベット類> オリジナルカラーのメタルパーツ・市販パーツにてディテールアップ

<凹モールド> ポイントに円形デルタ型を彫にてディテールアップ

<その他> 各部面出し・スジボリ追加・塗り分け



使用塗料:

<ボディー関係>

フレーム: NP001メカサフヘヴィ

オフグリーン: 031アルティメットホワイト 213灰緑色(以上 gaianotes) 11ガルグレー(Mr.color)比率1:1;1

オリーブグリーン: CB12ダークグリーン 202オリーブグリーン(以上 gaianotes)比率1:1

ダクト部グリーン: 202オリーブグリーン(gaianotes)比率1

ボルドー部: VO27焰小豆(gaianotes) C68モンサレッド(Mr.color)比率1:1

<その他アクセント各部>

GX208レッドゴールド GX209ラフシルバー GX213ホワイトシルバー(以上Mr.color)

043クリアブラック 048クリアグリーン 102蛍光ピンク(以上 gaianotes)


製作者より一言:
大戦後、戦闘記録を分析し量産機化を検討したと云う記録を元に改修を始めました。
それはMS同士の戦いが主流となる実戦では全対応型量産機が必要と云うもの。
後方支援・防衛戦・格闘戦の全てに力を有する量産MSベースとしてバスターが検討されテストされたのだと。
今回の改修では以降のバスター型に繋がる試験機の再現を求めて制作を進行しています。
カラーリングは改造途中と云う事ももあり動画をチェック、オリジナルに近い物を再現。
自己満足ですが機動力向上を狙った第一段階の改良はクリア出来たかと思っています。
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:28 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和14 エム・ライヴさん 作品 「白い悪魔」

b0303235_1114266.jpg

b0303235_1114552.jpg

b0303235_1114820.jpg

b0303235_1115181.jpg

b0303235_1115425.jpg




製作者よりコメント

製作者:m-live(エム・ライヴ)

タイトル:白い悪魔

使用キット:MG RX-78GUMDAM Ver.Ka

改造パーツ:極め手(HOBBY BASE)

改造箇所やアピールポイント:
全体的にスタイル改修しました。S字立を意識しました。
白い部分はダメージを加えリアル感のある塗装にしました。
青の所は筆描きによるファイヤー塗装を施しました。

使用塗料: ラッカー系塗料。主に缶スプレー

製作者より一言:
制作中に具合が悪くなって、納期に間に合わないかと思いましたが、
なんとか、、、、間に合った?(笑)
武器は全くできませんでしたが、、、、(汗
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:27 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和15 マーサンさん 作品 「オリガンブースター(MGジ・オリジン版ガンダム中期型)」

b0303235_1193739.jpg

b0303235_1194870.jpg

b0303235_1195271.jpg

b0303235_1195768.jpg

b0303235_1110017.jpg



製作者よりコメント


製作者:マーサン

タイトル:オリガンブースター(MGジ・オリジン版ガンダム中期型&1/100ジ・オリジン版コアブースター)

使用キット:MGガンダムVer.3.0
       

改造パーツ:プラバン、ジャンクパーツ


改造箇所やアピールポイント: ジ・オリジン版 ガンダム中期型 
                      オリジンガンダムはやはりショルダーキャノン!
                      なのでプラバン、ジャンクパーツなどで制作
                      プラバンなどで胸、肩、腕にオリジン風ディテール追加
                      ツインアイやブレードアンテナもオリジン風に塗装。
           
                    ジ・オリジン版コアブースター
                      設定通りには制作しなく、主翼や尾翼、あと細かな処は、自分の好きな様に作りました。
                      コアファイターはガンダムのコアファイターを芯にプラバン、ディテールパーツ
                      などセミスクラッチで制作
                      ブースター本体はプラバン、ジャンクパーツ、百均容器など使用しフルスクラッチで制作
                      


使用塗料:すべてMrカラー
       ホワイト=GXクールホワイト+グレー
       グレー1=グレーバイオレット+ホワイト
       グレー2=ジャーマングレー+ホワイト
       グレー3=ライトグレー+ホワイト
        グレー4=グレーFS36231+ホワイト
       レッド =レッド+クリアレッド+蛍光レッド+ホワイト
       ブルー=インディブルー+ホワイト
       オレンジ=オレンジ+蛍光オレンジ
       バーニア=焼鉄色+シルバー+クリアシルバー


製作者より一言: 初めての大掛りなプラバンでの制作で完成まで
            作り直したり約半年掛かってしまいました(笑)
            ロスタイム&締切延長、感謝感謝です!
          
            この度の制作でプラバンでの最初の組上げ、仕上げを踏まえた制作
             強度、重量など
            次回作品に多くの課題ができました。
            それと最初にどの様に作るか?どのようなデザインにするか?
            コンセプトをしっかりと決めて制作がとても大事だと痛感しました。
            上記の事柄をしっかり決めなかったので、ボ~っと考える時間や
            切った貼ったが多くなり、制作にとても多くの時間を費やしてしまいました。

            多くの課題が出たオリガンブースター
            次回作に今回の課題が織込める様、楽しみながら制作していきたいと
             思います!

            やっとこ完成オリガンブースター!
            見てやってくださいな♪
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:26 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和16 ガルマ☆ザビコさん 作品 「rebirth」

b0303235_1122526.jpg

b0303235_11225494.jpg

b0303235_11225628.jpg

b0303235_11225878.jpg

b0303235_1123029.jpg



製作者よりコメント


製作者: ガルマ☆ザビコ

タイトル:rebirth

使用キット:HGUC Ez-8

改造パーツ:MG Ez-8

改造箇所やアピールポイント:ミドルデフォルメを意識して制作しました。


使用塗料:ガイアノーツ

製作者より一言:昭和を思い出す懐かしの風味で仕上げてみました。
           タイトルは色々な意味を込めてリバースにしてみました(爆)
          
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:25 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和17 ますおさん 作品 「RX-78 NT-1 ALEX」

b0303235_11445529.jpg

b0303235_1145070.jpg

b0303235_1145375.jpg

b0303235_11451636.jpg

b0303235_11452062.jpg



製作者よりコメント



製作者:ますお

タイトル:RX-78 NT-1 ALEX

使用キット:1/100 MG RX-78 NT-1

改造パーツ:ビルダーズパーツ1/100ハンド連邦、ビルダーズパーツ1/100バーニア01、コトブキヤモデサポ各種、ウェーブ角バーニア、2.0mmスプリング、プラ板各種(タミヤ0.3mm~2.0mm、エバグリ:サイディング)。ネオジム磁石、HIQパーツ:ガンマズル1.5mm、グラスビーズ2種

改造箇所やアピールポイント:
MGと言っても初期のキットですので、スタイルが悪いため、おもに頭身を上げつつ、脚部・腕部・胴体・腰部・頭部とほぼ全体のバランスを変更し、全体を覆うC面をできる限り消して、エッジが出るようにパテとプラ板で整形しました。
脚部は腿で4mm延長、脛と足首付け根で6mm延 長、足首も横幅を詰め、前方向に3mm延長、腰と脚部の接続部分で4mm延長。腹部2mm延長、首1mm延長しディテールアップも兼ねてプラ板・プラ棒から作成。腕部は上腕で2mm延長、下腕部で3mm延長。腕部側面に0.3mmプラ板を貼りボリュームUPも行いました。肩も横に2mm、上部に2mm大型化し、全体バランスを変更。
腰部はフロント、サイド、リアアーマーをすべて大型化し、股間ブロックも大型化しました。
頭部は合わせ目を楔上に1.5~1.0mm幅増しし、マスク部がやや奥まった形になるように変更。
脚部スラスターはすべてプラ板から作り直し。あとは足首周りのディテールアップ、下腕部ガトリング部を覆う青いパーツを大型化しプラ板によるパネルラインを追加しています。

できる限り元キットを活かす方向で作成を行い、肩のアポジモーターなどはキットのモノを切り出しヤスリで整形後、ディテールアップを加えて再利用しています。



使用塗料:
クレオスのMrカラーおよびMrカラーGXとMrメタルカラーを使用。スミ入れはエナメルとガンダムマーカー
すべての箇所にてグレーサフ1000→ブラックサフ1500→Mrカラー コバルトブルーで下地作り
白:MrカラーGX クールホワイト+グレージオン系+コバルトブルー
グレー1:上の白にエアクラフトグレー
グレー2:グレージオン系
青1:以前のヤクト・ドーガ作成時ののこりの自作ごちゃまぜブルー
青2:青1にクリアーブルーの重ね塗り
関節部:メタルカラーアイ アン
関節部2:スーパーシルバー→スモークグレー
黄:メタルカラーアルミ→クリアイエロー+クリアオレンジ
スミ入れ:タミヤエナメル ダークグレー
最後にMrカラーGXクリアー→デカール貼り→スミ入れ→スーパークリア半光沢

製作者より一言:
運営サイドの皆様!ご苦労さまです!

取り掛かりは早かったのですが、序盤にチンタラしすぎで、気がつけばロスタイムと^^;
ロスタイムに入ってから表面処理と塗装を行い、期間延長のおかげもあり、ギリギリセーフでした・・
とにかく古いキットなのでスタイルがあまりよくない上に、キット自体のディテールもほとんどなく、「MGというよりHG」を作っているような感覚でした。
キットをとにかく切り刻んではプラ板とパテで盛ると言う作業の繰り返しで苦労も多かった分、完成した時の達成感と解放感はひとしおでした^^

やっぱりキット撮影は難しいですね><全然ダメです

最後になりましたが、主催者さま、参加させていただきまして有難うございました!参加された皆様、おつかれさまでした!

これでやっと寝れます。
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:24 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和18 彩(あや)@青き潮流さん 作品 「スレイヴ・レイス」

b0303235_11565516.jpg

b0303235_1157297.jpg

b0303235_1157678.jpg

b0303235_1157925.jpg

b0303235_11571149.jpg



製作者よりコメント


製作者:彩(あや)@青き潮流

タイトル:スレイヴ・レイス

使用キット:HGUC 陸戦型ガンダム,ジム・ストライカー,ガンダムEz-8,ガンダムVe
r.G30th

改造パーツ:ハイキューパーツ EZガンマズル,MKアンテナ,エバーグリーン プラ板
,ウェーブ エポパテ

改造箇所:陸戦型ガンダムをベースに各部をミキシング,頭部・胸部・腕部・脚部の形
状変更,首を2ミリ延長,二の腕・太股を1ミリ延長

アピールポイント:関節をEz-8のものに変更して可動範囲向上とヘタレ防止をしていま
す。

使用塗料:メカサフ(ライト,ヘビー),ガンダムマーカー メタリックブルー,シタ
デルカラー(ダウンストーン,エシングレイ,アバドンブラック,アドミニストラツム
グレイ,メカニクススタンダードグレイ,アヴァーランドサンセット,イービルサンズ
スカーレット,カントールブルー,ドライアドバーク,ルーンファングスチール,オー
リックアーマーゴールド),Mr.スーパークリアーつや消し

製作者より一言:RGの陸ガンが発売されたらリベンジしたいと思います!
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:23 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」

エントリーNo:昭和19 イトカワさん 作品 「陸戦型ガンダムジムスパルタン風」

b0303235_1265682.jpg

b0303235_1265996.jpg

b0303235_127185.jpg

b0303235_127821.jpg

b0303235_1271328.jpg



製作者よりコメント



製作者:イトカワ

タイトル
陸戦型ガンダムジムスパルタン風

使用キット:
hguc陸戦型ガンダム

改造パーツ:
プラ板、プラ材各種、コトブキヤとかのアフターパーツ、ジャンク等。


改造箇所やアピールポイント:
プロポーション変更でスマートにしてみました。装備品はジムスパルタンを参考にしています。

使用塗料:
関節のみアクリジョンのニュートラルグレー、あとはシタデルカラーで
塗りました。墨入れはコピックライナーでやりました。

製作者より一言:
こんな凄い作品の中で、ショボくてすいません。
参加出来てよかったです。
[PR]

by gun-th | 2014-12-01 00:22 | 第3回「平成 Vs 昭和対決」